インド旅③ ある朝の気づき 2/10

インドに滞在して約一週間

今朝、感じたことを綴ります

こうなりたいと想いを向けた扉を開くと

道はあるということ。

もちろん道があるだけで、どんな道かは

わからない。

すごい迂回路、高額な通行料をとられる、

むかるみ、凸凹、広いのか、狭いのか、

わからない。

でも、必ず道はある。

初めは、ぼんやりしたゴールでも、

距離を詰めると輪郭がくっきりしてくる。

それが、目指した物と違っても、

そこまで来たことで得られた経験は、

なくならない。

呼吸を続けて来た事実だけは、間違いなくある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。