森といきる記憶

ちょうど一年前に、ふと思いついて、
行きたくなって、訪れた「屋久島」
以前行こうとした時は、
飛行機が飛ばずに断念。
タイミングを待ってくれていたのだろう。

その旅で奇跡的に出会えた
屋久島ソウル ナビゲーション
『Earth tribes』の鈴木洋見さん。

洋見さんのガイドで森に入ると、
初めてなのに、懐かしい感覚。
「生きること」の選択肢をたくさん
いただいて、その旅から人生が大きく
動き出すことになる。

そのご縁で、洋見さんが現在全国を
「天ぷら油カー」で巡るツアーのイベント
「ピースサークル」に参加しました。

洋見さんの映し出す屋久島や
パプアニューギニアのビジュアルに、

やはり感じた懐かしさ。
それをシェアして洋見さんに
人本来の魂の記憶ではないかとの答えを
いただいて、ハッと気づく。

「パーマカルチャー」の目的は、
「世界中を森にすること」

人に中にある森の記憶に通じるものが、
今僕を惹きつけているのだと。
多様であること、変化することは、
当たり前だったのだと。

自分の暮らしが、森とつながることは
なんなのかを考えて、
いきる選択をして行こうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。